コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
-

コンクリートブロックの寸法とサイズについて

コンクリートブロックの寸法やサイズはJIS規格化されています。
もっとも普及していて、街などでよく見かけるのは「基本型」と呼ばれコンクリートブロックの寸法は、高さ390ミリ×横190ミリのサイズです。この寸法でコンクリートブロックの厚さもそれぞれ決まっています。
厚さは7センチ、10センチ、12センチ、15センチ、19センチの5種類があります。
この他にも特殊な種類寸法として角に使う、高さ190ミリ×横190ミリの「角1/2」というコンクリートブロックサイズや、横に鉄筋を入れるための「横筋型」と呼ばれるものもあります。
他にも飾り用の穴があいているものなど、コンクリートブロックの寸法やサイズは種類が多くあり、地元の建材屋さんやガーデニング屋さんに行けば簡単に手に入れることが出来ます。
サイズが規格化されている事や、安価なこと入手のしやすさなどから、空洞コンクリートブロックや化粧コンクリートブロックがブロック塀の施工に広く使われています。

コンクリートブロック寸法

コンクリートブロックサイズ表

コンクリートブロックには規格が決まっています。コンクリートブロックの種類にはコンクリートブロック基本(普通のタイプ)、コンクリートブロック横筋用(鉄筋を横に配筋出来るタイプ)、角用、端部用のコーナーコンクリートブロック、大きさが半分の½ブロック、天端用の笠木、飾り用のスカシブロックなどいろいろあります。
一般的なコンクリートブロック寸法を紹介します。※単位はmm(ミリメートル)

コンクリートブロック(厚さ10cm)
基本(高さ×横=390×190)
     横筋(高さ×横=390×190)
   コーナー(高さ×横=390×190)
  コーナー½ (高さ×横=190×190)
笠木(12巾)(高さ×横=390×120)
スカシ(高さ×横=390×190)


コンクリートブロック(厚さ12cm)
基本(高さ×横=390×190)
     横筋(高さ×横=390×190)
   コーナー(高さ×横=390×190)
  コーナー½ (高さ×横=190×190)
笠木(15巾)(高さ×横=390×150)
スカシ(高さ×横=390×190)


コンクリートブロック(厚さ15cm)
基本(高さ×横=390×190)
     横筋(高さ×横=390×190)
   コーナー(高さ×横=390×190)
  コーナー½ (高さ×横=190×190)
笠木(20巾)(高さ×横=390×190)


コンクリートブロック(厚さ19cm)
基本(高さ×横=390×190)
     横筋(高さ×横=390×190)
   コーナー(高さ×横=390×190)
  両コーナー(高さ×横=390×190)

コンクリートブロック寸法

特殊なコンクリートブロックサイズ

前回コンクリートブロックサイズのことについて書きましたが、まとめてみると・・
基本型   縦190mm×横390mm 厚さ100mm、120mm、150mm、190mm
横筋型   縦190mm×横390mm 厚さ100mm、120mm、150mm、190mm
角型    縦190mm×横390mm 厚さ100mm、120mm、150mm、190mm
角1/2型 縦190mm×横190mm 厚さ100mm、120mm、150mm
ということになります。
基本型と横筋型の特殊なものに厚さが70mmの薄いかたちの物もあります。
コンクリートブロックには他にも、両角型、日の出すかし、笠木というのもあります。
両角型は両端がコの字になってなくまっすぐになっている物でコンクリートブロックサイズは縦190mm×横390mm 厚さ190mmです。
日の出すかしはコンクリートブロック塀の飾りに使われる物で向こう側が透けて見え、中に半円が三つある日の出のような形をしたものです。
サイズは縦190mm×横390mm 厚さ100mm、120mm、150mmです。
笠木はコンクリートブロック塀の一番上によく使われており、三角形で家の屋根みたいな形になっているものです。
コンクリートブロックサイズは縦70mm×横390mm 厚さ120mm、150mm です。
その他にもいろいろな形のコンクリートブロックがあるみたいなので、町中をドライブしながら探してみるのも楽しいかもしれませんね。
コンクリートブロック寸法

コンクリートブロックサイズ

コンクリートブロックサイズは全部同じよう見えてけっこう種類があるので、その用途によって使い分けます。
コンクリートブロックはその強度を増すために中に鉄筋が必ず入っています。
鉄筋が入っていないコンクリートブロックは地震の時など大変危険なので、すぐに補強工事をすることをおすすめします。
コンクリートブロックサイズはよく見かけるのは、縦190mm×横390mmの基本型と呼ばれる物です。
この基本型のコンクリートブロックサイズですが、厚さの種類がいろいろあり100mm、120mm、150mm、190mmがあります。
基本型のコンクリートブロックは縦に鉄筋を入れる穴があいているため、他にも横に鉄筋を入れれるようにした横筋型のコンクリートブロックもあります。
横筋型のコンクリートブロックサイズにも厚さの種類があり100mm、120mm、150mm、190mmがあります。
他にも角型のコンクリートブロックがあります。角型のコンクリートブロックサイズにも100mm、120mm、150mm、190mmがあります。
角型のコンクリートブロックはコンクリートブロック塀の一番端に使われる物で、端がコの字になってなくまっすぐになっている物です。
角1/2型というものもあり、コンクリートブロックサイズは縦190mm×横190mmで厚さは100mm、120mm、150mmです。
コンクリートブロックサイズが縦190mm×横390mmのように中途半端なサイズになっているのは、目地の部分をあらかじめ引いているためです。
コンクリートブロックを実際に2段、3段と積むと一段で縦200mm×横400mmになります
コンクリートブロック寸法

コンクリート ブロック