コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロックに釘は打てるのか? | コンクリート ブロック | 規則のないブロック塀 >>

コンクリートブロック塀の寿命は?

コンクリートブロック塀の寿命はどのくらいあるのか?コンクリートブロック自体は耐久性に優れた建材ですが、しかしそのコンクリートブロックを使用した塀は別です。
コンクリートブロック塀には横からの力に対抗するために鉄筋が入っています。この鉄筋が錆び付いてしまうとコンクリートブロック塀の強度が落ちてしまいます。
良い施工された厚さの厚い(15cm)コンクリートブロック塀の耐用年数(寿命)は30年程度といわれています。ただし、30年たったからすぐ倒れてしまうというわけではなくだんだん鉄筋が錆び始め、鉄筋が細くなり、コンクリートブロック塀は自重でのみで自立している状態に近くなり強度がなくなっていくということです。
さらに、一般的には厚さ15cmのコンクリートブロックはあまり使われてなく、これより薄いブロックを使うことが多いので、当然その分寿命が短くなります。
しかし、メンテナンスを行なうことによってコンクリートブロック塀の寿命が延びます。メンテナンスは一般に薬品などの塗布などに行なわれています。詳しくは施工した業者の方かブロックメーカーに相談するとよいでしょう。
他にも、時間がたてばコンクリートブロック塀の寿命とは関係なく風雨に曝されブロックは汚れていきます。かび、水垢などは長い年月が経過すると付着します。この汚れを取るためにもメンテナンスがとても重要だと思います。

コンクリートブロックのメンテナンス

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2009/05/09 12:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konkuri.jugem.jp/trackback/107
この記事に対するトラックバック

コンクリート ブロック