コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロックの積み方 | コンクリート ブロック | コンクリートブロックとは >>

鉄筋コンクリートとコンクリートとモルタル

コンクリートブロックも当然そうですが、原材料は砂やセメント、骨材、水等を混ぜ合わせたものになりますが、セメントと砂、水だけのものを「モルタル」。
セメントと砂、水、それに砂利も混ざったものが「コンクリート」になります。
ここで問題なのは固まってしまうと見た目では、モルタルかコンクリートかそれがどちらか分からないということです。
これは実際にコンクリート工事に携わっている人でもわからないと思います。
ではどうやって見分けるかというと、施工場所が、駐車場であれば、モルタルである可能性は低いし、薄い壁面や、タイル目地、石組みの隙間などであれば、骨材の砂利が入る隙間がないので、コンクリートである可能性はないということになります。
そして当然、モルタルよりも骨材(平たく言えば石)が入ってるためコンクリートの方が強度が高くなります。
さらに強度が必要な駐車場のコンクリートになるとなかに鉄筋を入れて鉄筋コンクリートになります。
しかし、実際に自分でコンクリートを練ってみると骨材がある分コンクリートは練るのが大変です。
コンクリートブロックを積む際の基礎コンクリートも1段か2段ぐらいならモルタルのなかに13mmの鉄筋を入れるぐらいで十分だと思います。
それ以上コンクリートを積む場合は鉄筋コンクリートにした方がいいと思います。
鉄筋コンクリート

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konkuri.jugem.jp/trackback/20
この記事に対するトラックバック

コンクリート ブロック