コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロックにかわる大谷石とは | コンクリート ブロック | コンクリート住宅と木造住宅 >>

コンクリート住宅

コンクリート住宅の耐用年数って何年か知っていますか?
ほんとうに丁寧にコンクリート品質管理、コンクリート打設の管理を行ったコンクリート住宅の骨組みは100年〜150年ぐらい耐久性があります。
コンクリート住宅の構造は普通のコンクリートブロックなどの土木構造物と比べて壁や窓周りなど細かい部分が多く硬いコンクリートが打ちづらくなっています。
専門的なことを言えば、コンクリートに流動性をもたせ、打設しやすくするためには、減水剤などの添加剤を加えたり、水の割合を多くするなどしなければなりません。
コンクリートの強度は簡単に言うと水とセメントの割合で決まってきます。
水が多ければその分強度が落ちてしまいますし、水を少なくすると流動性がなくなり、施工しにくくなり型枠の端の方までうまく生コンが回り込まなくなったりします。
そういった水とセメントの割合を知る試験に水セメント比試験やスランプ試験というのがあります。
コンクリート住宅を建てる際のコンクリート品質管理というのは、水セメント比試験やスランプ試験などのことをいいます.
コンクリート住宅

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konkuri.jugem.jp/trackback/26
この記事に対するトラックバック

コンクリート ブロック