コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロックの積み方 | コンクリート ブロック | コンクリート診断士の将来性 >>

コンクリートブロックの積み方

コンクリートブロックの基礎ですが、基礎をコンクリートにした場合はコンクリートが固まる前にコンクリートブロックを据えるのは至難ですので、コンクリートを1cmぐらい低めに打設し固まってからあとはモルタルをしきコンクリートブロックの高さと通りをきまます。
基礎をコンクリートにする場合は、普通鉄筋もなかにいれます。鉄筋は「D10」と呼ばれる鉄筋を使うとよいでしょう。「D」というのは異形鉄筋のことで鉄筋がでこぼこしていてコンクリートとの摩擦が大きくなるようになっています。
「10」というのは鉄筋のサイズで直径が10mmです。10mmまでは手で曲げたりして加工できますが、その上の12mmとなると手で曲げたりするのがむずかしくなります。
鉄筋も最近のホームセンターなどで売っていますから、入手は簡単にできますよ。
ところで、コンクリートブロック積みは素人でも時間をかければできますが、2・3段が限界だと思います。それ以上になると素人ではやっぱり曲がったりでこぼこになったりしてしまいます。
丈夫にきれいにコンクリートブロックを積みたいときはやっぱり専門の業者に頼むのが一番だと思います。
専門の業者に依頼する際は、見積もりをなるべくたくさんの業者からとることです。業者によって値段もまちまちですから、依頼は慎重によく考えてからするのをお勧めします。
コンクリートブロックの積み方

スポンサーサイト

-

コンクリート ブロック