コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリート技士とは | コンクリート ブロック | 土留め >>

鉄筋コンクリートのしくみ

 鉄筋コンクリートとは鉄筋とコンクリートを組み合わせたものです。コンクリートの弱点は引張り方向の力に弱いということです。
逆にいえばコンクリートは圧縮力には強いんですが。そんなコンクリートの引張り力を補強するために、鉄筋をつかいます。
鉄筋は引張力に強いという性質があるためです。このふたつを組み合わせることにより圧縮にも引張りにも強くすることができます。
さらに詳しくいうと引張りに強いから鉄筋をつかうだけではなく、鉄筋とコンクリートは温度変化による線膨張係数や収縮率がほぼ同じということがあります。
簡単にいうとコンクリートも鉄筋も熱を加えると多少は大きくなったり、縮んだりします。その際の伸び率がほぼ同じということです。
これが違いすぎるとコンクリートと鉄筋ののびる量が違うために、ひび割れや変形の原因になってしまいます。
また、鉄筋は空気中に置いとくとすぐに酸化してサビついてしまいます。そんなサビやすい鉄筋をコンクリートで覆うことでサビにくくすることもできます。
普通にコンクリートの中に鉄筋をいれるだけでは強い鉄筋コンクリートはできません。
鉄筋がコンクリートの中ですべって引き抜けたりしてしまうため、両端をアルファベットの J の形に曲げたフック状にしてぬけなくしたり、鉄筋をこまかい節のようなものに加工して、異形鉄筋といいますが、コンクリートとの摩擦を大きくして抜けないようにして強い鉄筋コンクリートをつくります。
 こうやって書くと鉄筋コンクリートとはすごいもののように感じますが、要は庭の駐車場にコンクリートを打ったりコンクリートブロックを並べて隙間にコンクリートをいれる時には中に鉄を入れると強くなるということです。
その際、ただの鉄ではなく凸凹していたり、端がフック状になってるものをいれるとよいということです。
鉄筋コンクリート

スポンサーサイト

-

コンクリート ブロック