コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロックの劣化の度合い | コンクリート ブロック | コンクリートブロック塀にかかわる用語(モルタルとは) >>

コンクリートブロック塀にかかわる用語(異形鉄筋とは)

コンクリートブロック塀に関わらず、コンクリートを扱ううえで重要なのが鉄筋です。鉄筋と一言でいっても実際によく使われているのは、異形鉄筋(いけいてっきん)とよばれるものです。
異形鉄筋は建物の構造用材料のひとつで、鉄製の棒を圧延して表面にリブや節と呼ぶ凹凸の突起を設けた棒状の鋼材のことです。丸鋼に対して異形のため丸鋼と区別して呼ばれているようです。
鉄筋コンクリート構造はもちろんコンクリートブロック構造の補強など幅広く使われています。特にこんくりーとブロック塀などの軽微な構造物では呼び径10mm程度の異型鉄筋をコンクリートブロックの継ぎ目部分に縦に配置し、数段毎に水平方向に配置し、コンクリートブロックと鉄筋の隙間にモルタルを充填することでその強度を向上させています。
ちなみに、垂直方向に配置する鉄筋を縦筋(たてきん)、水平方向に配置する鉄筋を横筋(よこきん)と呼びます。

コンクリートブロック塀にかかわる用語

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konkuri.jugem.jp/trackback/98
この記事に対するトラックバック

コンクリート ブロック