コンクリート ブロック

コンクリートブロックの知識

コンクリートブロックの知識が学べます.このサイトではコンクリートブロックの種類や価格、サイズ・寸法などを紹介しています。さらに、コンクリートブロックの積み方、メンテナンスからコンクリートブロックに関わる資格なども紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< コンクリートブロック塀にかかわる用語(異形鉄筋とは) | コンクリート ブロック | コンクリートブロック塀の転倒防止 >>

コンクリートブロック塀にかかわる用語(モルタルとは)

コンクリートブロック塀を造るのにかかせないものにモルタルがあります。具体的にどこに使っているかというとコンクリートブロックとコンクリートブロックをつなぐ目地に使用しています。
モルタルとは、セメントと砂とを混ぜて水で練った素材のことです。このモルタルに砂利を混ぜるとご存じコンクリートとなります。
コンクリートブロック塀の目地はもちろん外壁に塗ったり、土間に仕上げ材として使われるほか、石やタイル張りの下地にも使われています。
モルタルの特徴として施工しやすく、コストが安く、また防火性能があるので一般によく用いられています。欠点としては収縮性が高く、広い面積を塗る場合、目地を設けないと収縮亀裂が発生してしまいます。
また、セメントのみを水で練った物は通称「ノロ」と言い。あまり強度はありませんが、きめ細かいのが特徴でタイルの目地やモルタルのひび割れの補修などに使います。


コンクリートブロック塀にかかわる用語

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konkuri.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック

コンクリート ブロック